簿記の教材

簿記知りたい

簿記に合格するための教材を知りたい!

簿記の勉強をするに当たり、重要なのが教材です。
特にテキストは良いものを選ばなくてはいけません。
何故なら、簿記の場合、仕組みを理解できなければ問題を解くことが出来ないからです。
その説明がわかりやすいテキストという事が絶対条件なのです。

ただ、独学で勉強する方は、テキスト選びが難しくなることは覚悟して下さい。
市販されている教材と言うのは、どうしても載せる情報に限界があります。
それはページ数やスペースの問題で、全て載せることは出来ないのです。

仮に載せられることが出来たとしても、宣伝目的に作られたテキストである以上、 合格するための情報を細かく伝えることは出来ません。
あくまでも市販されている教材と言うのは、学校に受講してもらうためのツールなのです。

このようなことを考えながら教材選びをしてほしいと思います。

それでは早速、教材の説明をしていこうと思います。

【テキストの選び方】
テキストは、出来るだけ図表やイラストを使いがなら、仕組みをわかりやすく 説明しているもの購入して下さい。 そこが理解できなければ先へは進めません。
但し、図表やイラストを多用しているものは、情報量が足りない恐れがあります。
なので、そのテキストで全て完結しようと思わないことです。

だったら、はじめから情報量の多いものを購入するほうが良いと思うかも知れませんが、 それでは駄目です。 情報量が多いという事はその分、文章量も多いという事ですので、複雑な仕組みが理解しにくくなります。
ですので、はじめは欲張らずわかりやすいテキストを購入して下さい。
そして、過去問を解いてみてテキストに載っていないことが出てくれば、難しめのテキストを 購入することです。 何度も言いますが、簿記は仕組みがわからなければ先へは進めません。

【問題集】
問題集のポイントは1つです。 解法をわかりやすく解説していることです。
独学で勉強する場合、教えてくれる人がいなく、わからない問題が出てくればどうすることも出来ません。
その上、わからない問題が、仕組みに関することならお手上げです。
ですから、自分の目で見てわかりやすく解説しているものが絶対条件だということです。

以上が教材についての説明です。

もしかしたらこのサイトを読んでくれている方は、どの教材が良いのか名称を教えてくれと 思った方もいると思います。

ですが、市販されている教材はそう大差はありません。
それに私が良いといったからといって皆さんが良いと思うとは言い切れないのです。

よくインターネット上でこのテキストや問題集が良いという人がいますが、 それはほぼ宣伝に近いものです。

教材の選び方のコツを一言でいえば、自分の目で見てわかりやすいものです。