簿記の勉強法

簿記知りたい

簿記の勉強法について知りたい

簿記の勉強を行う上で重要なポイントはいくつかありますが、その中の一つが問題演習です。

簿記の勉強と言うのは理屈を考えながら仕分けをして計算するということです。
とはいっても計算自体は、計算機を使って行えるので、それほど難しいことではありません。
では、何が難しいかと言うと計算するまでの準備です。
そこの勉強をどれだけ理解できるかが、重要になるのです。

そのためには様々な問題に触れて、解法のパターンを覚えることが最も効果的です。
テキストだけを読んで理解しても、実際の問題になれば、何をどうしてよいかわからなくなるということは良くあります。
例え知識があったとしても、その知識を何処の場面で使うかは問題演習でしか養えないのです。

特に過去問演習は重要です。
簿記は長い歴史のある検定で、今まで様々な問題が作られてきました。
ただ、簿記2級は出題範囲が決まっていて、出題できる問題にも限りがあります。
ですので、過去問を解けば、ある程度解法がパターン化されていることがわかります。
パターンさえわかれば後は難しいことはないので、計算機を使い計算するだけになります。
簿記の格言で習うより慣れろといわれますが、このようなことが理由になるのです。

とは言っても基礎知識を理解することは必要です。
問題演習が重要でも問題集だけの勉強では力は付きません。
特に工業簿記は、仕組みを理解することはもちろん、全体の流れも理解しなければいけませんので、テキストや講義メデイアを使いしっかりと基礎を固めることが重要です。
その上で問題集中心の勉強を行ってみてください。

また、計算機の訓練も常日頃行ってほしいと思います。 冒頭で計算自体は難しくないと説明しましたが、意外と計算ミスで不合格になる人も多いようです。
計算機の扱い方は一見難しくないように思われますが、普段から早く正確に使う訓練をしとかないと本番で思わぬミスをしてしまいます。
計算できるという事は、ほぼその問題は解けたに等しいので、そのミスで不合格になると非常にもったいないことです。

基礎中の基礎になりますが、当たり前のことを当たり前にできるのも合格には欠かせない要素です。